Skip to content
福島県立テクノアカデミー浜

「航空宇宙分野をターゲットにした三次元CAD活用のトレンド」と題した特別授業を行いました

機械技術科では、エアレースパイロット室屋義秀選手のレース機部品開発をするREALSKYプロジェクトはじめとした、航空宇宙関連の授業が進行中です。

令和3年11月26日には、宮城県産業技術総合センターのデジタルエンジニアリング支援コーディネーターである真崎要介氏をお迎えして、航空宇宙分野をターゲットとした三次元CADに関する特別授業を実施しました。

講義の様子1
講義の様子2

講義では、「三次元CADの必要性」「航空分野での活用例」等の説明に続き、室屋義秀選手のレース機の主翼形状とプロペラ形状を三次元CADでモデリングしました。

モデリング実習の様子

三次元CADのコマンドをうまく使いこなしながら、航空部品のモデリングをすることができました。

機械技術科では、今後も航空宇宙関連の授業を展開していきます。

この特別授業は、福島県未来を担う創造的人材育成事業により実施しました。